地域の情報

いわし籠を知っていますか?…水俣市

2011年12月23日

「いわし籠」は、カツオ漁の際に餌とする「いわし」を生かしたまま搬送するために使用する竹籠です。   寒くなる秋から冬にかけて、海風の吹く水俣市の海岸沿いで製作されています。 

 孟宗竹を25本~30本ほど使い、縦3m、横4m、高さは2.5mになるものもあり、世界でも最大級の実用竹籠だそうです。

 水俣の継承すべき伝統・文化、そして産業ではないでしょうか。

<<一つ前のページへ戻る
Copyright(c) 2013 水俣・芦北地域雇用創造協議会 All Rights Reserved.