地域の情報

笠山を知っていますか?・・・芦北町

2011年12月8日

笠山(かさやま)は、芦北町にある山で、名所の一つとなっています。

この山は、江戸時代中期に藩主細川斎茲の命によって制作された「領内名勝図巻」(永青文庫所蔵。全14巻からなる熊本県内の名所を描いたこの作品は、全長400mにも及びます)に描かれていて、肥後銀行の2012年のカレンダーに、領内名勝図巻の笠山部分が採用されました。

そこで、領内名勝図巻と実際の風景を比べてみたくなり、笠山に行ってきました。 (写真は下記参照)

また、芦北町田浦に赤松館(せきしょうかん)という、国の登録有形文化財に指定されている建物があります。ここには、古い道具の数々や、さまざまな歴史資料が展示されていて、2階展示室には、永青文庫の許可を得て、領内名勝図巻の笠山部分の実物大複製(約5m)が展示してあります。自分の目で実物と見比べてみるのも楽しいと思いますので、興味のある方は是非、足を運んでみてください。

赤松館HP:http://sekisyoukan.jp/

<<一つ前のページへ戻る
Copyright(c) 2013 水俣・芦北地域雇用創造協議会 All Rights Reserved.