協議会からのお知らせ

環境配慮型農業実践塾(果樹編)を開催します!

2016年1月6日

植物ホルモンを活かす、革新的な栽培技術を学んでみませんか?
植物ホルモンを活性化させる栽培技術を駆使することで、肥料や農薬に頼らずとも高糖度・連産での果樹栽培が可能になります。

講師は、無肥料・無農薬の果樹栽培家であり、全国各地の果樹産地等で指導されている道法正徳さん。
今回の講習内容は、同氏の栽培技術の基本となる切り上げ剪定の技術を学ぶ現地講習会です。
また、この剪定技術はどのような栽培方法にも活用できます。
肥料や農薬にできるだけ頼らない、しかもおいしくて連年結果の果樹栽培技術を学んでみたい方は、是非ともご参加ください。
参加を希望される方は、1月15日(金)までに下記担当までに電話等でお申し込みください。

<水俣講座>
〇日時 平成28年1月19日(火)午後1時30分~午後4時30分
〇場所 はんのうれん (住所:水俣市袋2501-211 電話:63-5408)
〇定員 20名程度
※詳細は添付ファイルをご参照ください。

<芦北講座>
〇日時 平成28年1月20日(水)午後2時00分~午後4時30分
〇場所 芦北町湯浦 湯治山団地
〇定員 20名程度
※詳細は添付ファイルをご参照ください。

講師プロフィール
■道法 正徳(どうほうまさのり)http://greengrass.co.jp/index.html
 (株)グリーングラス 代表取締役。元広島県果実連の果樹指導員であり、現在では、これまでの技術を覆す植物ホルモンを最大限に活かす革新的な剪定技術等により、全国の果樹産地等で技術指導を行い、各地で収量を拡大させるなど、全国的に活躍している農業指導者。
無肥料・無農薬(自然栽培)の果樹指導においては、無農薬野菜等の流通販売を全国展開している「株式会社ナチュラルハーモニー」の果樹部門の栽培技術指導を担当するほか、近年では韓国や中国、アフリカなど国外での栽培技術指導を行うなどその評価は高い。水俣・芦北管内においても、5年前からJAあしきた田浦レモン部会、3年前から熊本県建設業協会芦北支部農業参入実証部会の栽培技術指導を行っているほか、昨年度から津奈木町において環境配慮型農業実践塾(果樹編)を年間を通じて開催中。

※環境配慮型農業実践塾(果樹編)チラシ
1月水俣果樹編チラシ
1月芦北果樹編チラシ

<お問い合わせ・申込み先>
〒869-5461芦北町芦北2670(芦北地域振興局内)
担当:福田
TEL0966-82-5572 FAX0966-82-3596
メール:fukuda-d@pref.kumamoto.lg.jp

<<一つ前のページへ戻る
Copyright(c) 2013 水俣・芦北地域雇用創造協議会 All Rights Reserved.