協議会からのお知らせ

環境配慮型農業実践塾(野菜編)第8回講座のご案内

2016年11月1日

無農薬で、さらに高品質・多収穫を成功させる農業技術(BLOF理論)を学びませんか?限られた農地と時間で収益をあげる農業講座を学び、実際に作物の定植から収穫まで実践的に学ぶことができる贅沢なプログラムを用意しております。

今回は、第17回 熊本オーガニックの祭典「ゆうきフェスタ2016」へ出向き、水俣・芦北地域の有機農産物や加工品・飲食物等の販売体験、また、当講座の講師である厨子農園の厨子さんにお願いし、県下の主要な有機農家・出荷団体等の方々との意見交換の場を用意しております。
また、自分で栽培した有機農産物の販売も可能です。                                               興味のある方は、是非ともご参加ください!

<第8回講座概要>
■日 時 平成28年11月20日(日)10時~15時30分
■場 所 熊本県農業公園カントリーパーク(熊本県合志市栄3802-4)
■内 容 有機農産物・加工品などの販売体験、ベテラン農家などとの意見交換等
■集 合 9時に会場内販売ブース(※申込者に別途ご連絡します)
■参加費 無料
■申込締切 11月16日(水)までに、水俣・芦北地域雇用創造協議会までお申込みください。(電話、ファックス、メール)                     ※自分で栽培された有機農産物を持ち込む方は別途、ご連絡ください。

■申込先 水俣・芦北地域雇用創造協議会<担当:橋本>
〒869-5461
芦北郡芦北町芦北2670(芦北地域振興局内)
TEL:0966-82-5572/FAX:0966-82-3596
E-mail:hashimoto-s-di@pref.kumamoto.lg.jp

■講師
・厨子農園 代表 厨子 圭介 氏
BLOF理論、土づくりなどを学ぶ農業技術勉強会「あおはす」代表/講師。
ホウレンソウ・トマト・ニンニクなどを有機JAS等で生産・販売するほか、佐賀大学にて「環境中の腐植の有効利用(農業等)」について共同研究を行う。
<BLOF理論とは>
「土壌分析」に基づき適正な施肥を行い(化学性を改善)、中熟堆肥を活用した太陽熱養生処理技術により土壌の団粒構造を作り(物理性の改善)、微生物の活用により病害菌に拮抗する有用菌のバランスを整えて病害虫を抑制し(生物性を改善)し、土壌の性質の向上を実現させるための理論。各地で無農薬・高品質でさらに多収穫による農産物栽培を成功させている。

■ゆうきフェスタとは?                                                              今年で17回目を迎える熊本オーガニックの祭典「ゆうきフェスタ2016」。                                       今年のメインテーマは「食といのち」。有機農産物や加工品・飲食物の販売、さまざまなワークショップ、環境を守る取り組みの紹介、就農支援コーナー、子どもたちも楽しめるような企画や、ライブやトークショーのステージ等が行われます。

 

%e6%9c%89%e6%a9%9f%e3%83%95%e3%82%a7%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7%e8%a1%a8

 

 

 

 

 

 

%e6%9c%89%e6%a9%9f%e3%83%95%e3%82%a7%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7%e8%a3%8f

 

<<一つ前のページへ戻る
Copyright(c) 2013 水俣・芦北地域雇用創造協議会 All Rights Reserved.